HOME > ご利用案内 | 保証制度のしくみ

ご利用案内

 

保証制度のしくみ

信用保証制度の当事者は、基本的には中小企業者、金融機関、信用保証協会の三者です。

①  中小企業者は、金融機関を経由して信用保証協会に保証申込み(保証委託契約の申込)をします。県・市町村制度資

   金は地方事務所、市町村の商工担当課や商工会議所・商工会が受付の窓口となります。

②  信用保証協会は、申込みのあった中小企業者について信用調査をします。

③  信用保証協会は、審査の結果、信用保証を適当と認めたときは、金融機関に対し信用保証書を発行します。

④  金融機関は、信用保証書に基づき中小企業者に融資を行います。このとき、中小企業者には所定の信用保証料を金

   融機関を通じて信用保証協会へお支払いいただきます。

⑤  中小企業者は、融資を受けたときの条件によって、金融機関に借入金を返済します。 

【中小企業者が、何らかの事情で借入金の全額または一部の返済ができなくなったとき】

⑥  金融機関は信用保証協会に対して代位弁済(※)の請求をします。

⑦  信用保証協会は、この請求に基づき、中小企業者に代わって借入金の残額を金融機関に代位弁済します。

⑧  信用保証協会は、中小企業者に対する求償権(※)を得て債権者となります。

⑨  信用保証協会は、中小企業者等の実情に応じ求償権の回収を行います。