• 文字サイズ
  • 色合い

村山人形店 村山 謙介 代表

abn(長野朝日放送)制作番組 「信州 夢追人 新時代の経営者たち」出演者

村山 謙介さん
第39回 2017年07月04日

村山人形店
村山 謙介代表

バックナンバー

松本市高砂通りに店舗を構える「村山人形店」。昭和21年に創業し、節句人形専門店として「末永く愛される”私だけ”のオリジナル節句人形」選びをお手伝いしています。三代目となる村山代表にお聞かせいただいた事業への想いや夢をご紹介します。

お客さまの願いを形にして

お客さまの願いを形にして

ひな人形や五月人形、また七夕人形を製造販売しております。これから七夕節句の時期を迎えますが、松本地方では江戸時代の頃より軒先に七夕人形を飾ります。七夕人形は形が決まっているわけではないので、お店ごとに違いがありますが、当店では花飾りを付けています。
ひな人形の制作では、絵柄・裂地の色・サイズすべてのオーダーが可能なフルオーダーだけではなく、裂地の色・サイズを選べるパターンオーダー、お着物を選ぶ木目込みオーダーと、当店では3種類のオーダーメイドシステムを取り入れています。人形、着物そして飾り台それぞれを、信州の3人の職人たちが協力して制作するひな人形もあります。
伝統を大切にしつつ、人形は子供の成長を願って贈られる品ですので、その子のお祝いが楽しくできるようにと気持ちを込めて販売しています。また、お客さまと密に打ち合わせを重ね、それぞれのお客さまだけの人形をご用意しています。一人ひとりのお客さまと向き合い、気持ちや願いを具現化できるように心掛けながら、お祝いの日に向けたご協力をしています。お客さまにとっても、子供の成長を願うという点を重要視していると思いますが、求めるものも多岐にわたることから、それにきめ細かく応えられるようにしたいですね。

大切に、そして末永く

大切に、そして末永く

子供の産まれた季節の花を描きたいとか、名前にちなんだモチーフを描きたい、また、子供のイメージカラーを入れたいといったオーダーがあります。人形は単品での販売をしていますが、良い人形でも環境によってはきれいに見えないということがありますので、飾る環境を大切に考え提案しています。
やはり一番は、永く飾っていただくということが重要だと思っています。人形が飾られている部屋に家族が集って、末永くお祝い事が開かれていけばいいですね。しかし、例えばおひな祭りですとおひなさまを飾るのが大変など、ネガティブなイメージを持つ方もいると思います。そんな中、このおひなさまであれば飾りたいと思ってもらえたり、二十歳になった時にこのおひなさまが今まで守ってきてくれて良かったと思ってもらえるような品を、ご提案できればいいですね。昔からある紋様を使って作成することで、毎年飾っていただけるものになると思います。

伝統のお祝い事~次の世代へ引き継いでいく~

伝統のお祝い事~次の世代へ引き継いでいく~

お祝い事に携わらせてもらっているので、それ自体非常にうれしいです。実際に、人形が出来上がったあと、お客さまの自宅で飾り付けをして、一緒に完成したものを見るときはすごく緊張しますが、お客さまに「良かった」と言ってもらえるだけで、幸せになります。こんな形に仕上がりましたと持って行った時に、気に入ってもらえることがうれしいですね。
また、今、私がやっていることを次に繋げていきたいです。伝統を受け継ぎ、次の世代にバトンを渡していければいいですね。

店舗名 村山人形店
所在地 〒390-0811
長野県松本市中央2丁目5-32
電話番号:0263-32-1770
HP:http://murayama-ningyouten.com
代表 村山 謙介
事業内容 節句人形販売
店舗外観
ページトップへ