• 文字サイズ
  • 色合い

小松屋株式会社 手塚 勇 代表取締役

abn(長野朝日放送)制作番組 「信州 夢追人 新時代の経営者たち」出演者

手塚 勇さん
第41回 2017年09月05日

小松屋株式会社
手塚 勇代表取締役

バックナンバー

下伊那郡高森町で「肉そば こまつ家」を経営している手塚代表。当店を皆さまのそばを食べたい時の一つの選択肢にしていただきたい。そして、肉そば文化を定着させたい。そのために肉そばを広めたい。手塚代表にお聞かせいただいた事業への想いや夢をご紹介します。

大衆食堂をイメージして

大衆食堂をイメージして

当店は大衆食堂的な気軽に入れて、安くてお腹がいっぱいなるようなお店ですね。当店の看板メニューは「肉そば」です。言わゆるつけそばですが、麺はしっかりとしたコシが特徴で、ラー油と甘辛のたれに絡めています。つけ汁は香味ラー油を入れているのが特徴ですかね。香味ラー油を使用しているので少しピリ辛なのですが、お客さまの要望により調整することもできます。お子さまも食べられますのでぜひお越しいただければと思います。
また、そばの上に肉を載せているのも特徴で、その肉は仕込みの際にこの地域の特産である市田柿をふんだんに入れて、市田柿特有の甘みやコクを出しています。

おいしいオリジナルの食べ方で

おいしいオリジナルの食べ方で

とにかくお客さまにはおいしく食べてもらいたいと思っています。基本は麺をつけ汁につけて食べてもらうのですが、常連のお客さまの中には逆につけ汁を麺にかけて、召し上がっています。他にも、いろいろな食べ方をしている方がいます。卵や天かす、揚げにんにくラー油をトッピングとして提供しておりますので、自分なりのおいしい食べ方でがっつり食べていただければいいですね。あと、そば湯も用意していますので、ぜひそこには魚粉を入れて飲んで行ってほしいなと思います。

働き方のモデルとして ~沢山の人達に知ってもらえるように~

働き方のモデルとして ~沢山の人達に知ってもらえるように~

友人がそば屋をやっていたことや、以前、讃岐うどんを食べに行った際にお手本にしたいお店に出会ったことがきっかけで、周りの勧めもあり創めました。私はもちろん家族も肉そばが好きでファンになり、この味なら地元の方々にも受け入れられ、定着するだろうと自信をもって提供しています。もともとは、家業の農家をやっていて、全然違う分野への挑戦でしたので色々不安等はありましたけれど、提供している中で、お客さまから「やばいね」とか「めっちゃうまいですね」、「また来ます」とお声をかけいただけるので、このお店をやってよかったなと思いますね。
今も、個人事業として農業を続けていますが、農業では農産物を生産して卸すだけでしたので、実際に消費者の反応はみられないですが、お店でいろいろな人たちとふれあったりすることで、それを感じられるので、今までにない経験をさせてもらっています。なので、農業をやりながらこういった、そば店をやるということは兼業農家ならぬ麺業農家と自分では言っているのですが、働き方のモデルとして、広く皆さんに知っていただきたいと思います。また、次の世代にもこういった働き方の可能性もあるということを知ってもらえたらいいですね。

会社名 小松屋株式会社
所在地 〒399-3103 長野県下伊那郡高森町513-1
営業時間/
11:00~14:00
17:30~21:00
定休日/火曜日
TEL/0265-53-5028
(29/9/5現在の情報)
代表取締役 手塚 勇
事業内容 肉そば
店舗外観
ページトップへ