• 文字サイズ
  • 色合い

初めてご利用される方へ初めてご利用される方へ

事業の発展を支援する信用保証制度

信用保証協会は、中小企業のみなさま(お客様)が金融機関から融資を受ける際に公的な保証人となり、融資を受けやすくする業務に加え、事業の健全な発展を支援する業務を行います。このしくみを「信用保証制度」といいます。
信用保証協会は、信用保証協会法に基づいて信用保証業務を行う公的な機関です。

信用保証協会の役割

信用保証協会の役割は、中小企業のみなさまの、金融の円滑化を図ることにあります。事業の経営に真剣に努力し、将来に向かって発展の可能性のある中小企業のみなさまに対して、金融上の強力な「公的保証人」となって、融資の途を開く専門機関が信用保証協会です。

信用保証協会を利用するメリット

長期の運転資金や無担保融資など、
有利な条件で借入れができます。

金融機関との取引が浅い方でも、
金融機関からの借入れが容易になります。

資金の目的にあわせて、有利な条件の
融資制度をご利用いただけます。

不動産担保を有効に
活用していただけます。

なお、法人代表者や実質的な経営権を持つ方を除いて、連帯保証人は原則不要です。


信用保証協会のしくみ

ご利用の流れ
ご利用の流れ

保証申込中小企業者は、金融機関を経由して信用保証協会に保証申込み(保証委託契約の申込)をします。

信用調査信用保証協会は、申込みのあった中小企業者について信用調査をします。

信用保証書発行信用保証協会は、審査の結果、信用保証を適当と認めたときは、金融機関に対し信用保証書を発行します。

融資金融機関は、信用保証書に基づき中小企業者に融資を行います。このとき、中小企業者には所定の信用保証料を金融機関を通じて信用保証協会へお支払いいただきます。

返済中小企業者は、融資を受けたときの条件によって、金融機関に借入金を返済します。

返済ができなくなった場合

  • 代位弁済請求金融機関は信用保証協会に対して代位弁済の請求をします。
  • 代位弁済信用保証協会は、この請求に基づき、中小企業者に代わって借入金の残額を金融機関に代位弁済します。
  • 求償権取得信用保証協会は、中小企業者に対する求償権を得て債権者となります。
  • 求償債務返済信用保証協会は、中小企業者等の実情に応じ求償権の回収を行います。

ご注意 信用保証協会では、仲介やあっせん行為など第三者が介在する保証申し込みは一切取り扱いを行いません。「信用保証を取りやすくする」などと言って仲介手数料等を要求する、いわゆる金融斡旋屋にご注意ください。

信用保証協会をさらに知るには

ページトップへ