• 文字サイズ
  • 色合い

信用保証協会について反社会的勢力の排除

当協会では信用保証委託契約書中に「反社会的勢力の排除条項」を設け、反社会的勢力排除の強化に努めています。
反社会的勢力排除の取り組みとして、ポスター等の広報物や説明会等を通じて中小企業及び関係機関のみなさまに対して周知徹底を図っています。
また、反社会的勢力に関する内部研修を行い、反社会的勢力への適切な対応等について知識を深め、役職員ー丸となって取り組んでおります。

暴力団等の反社会的勢力とは取引いたしません

長野県信用保証協会は反社会的勢力とは一切の関係を遮断します。 <<反社会的勢力とは>>
  • ・現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」という。)

  • ・次のいずれかに該当する者
    1. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
    2. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    3. 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    4. 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    5. 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  • ・自らまたは第三者を利用して次の一つにでも該当する行為を行う者
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて当協会の信用を毀損し、または当協会の業務を妨害する行為
    5. その他上記(1)から(4)に準ずる行為
反社会的勢力の排除ポスター
ページトップへ