• 文字サイズ
  • 色合い

信用保証協会について当協会の概要、あゆみ

当協会の概要

名称 長野県信用保証協会
本店所在地 〒380-0838 長野県長野市南長野県町597-5
設立 昭和24年3月28日
基本財産 429億円(基本財産は資本金に相当)
決算 3月
営業店 長野(本店営業部)、松本、上田、諏訪、佐久、伊那、飯田、中野
役員
会  長
岩﨑 弘(元長野県総務部長)
専務理事
篠原 邦秀 (元長野県信用保証協会 保証統括部長)
常務理事
石原 秀樹 (元長野県産業労働部長)
常勤理事
矢島 正昭 (前長野県信用保証協会 保証統括部長)
理  事
土屋 智則 (非常勤・長野県産業労働部長)
理  事
小口 利幸 (非常勤・長野県市長会会長)
理  事
藤原 忠彦 (非常勤・長野県町村会会長)
理  事
佐々木 正孝 (非常勤・長野県中小企業団体中央会専務理事)
理  事
水本 正俊 (非常勤・長野県経営者協会専務理事)
理  事
岡澤 忠博 (非常勤・長野県商工会議所連合会専務理事)
理  事
舟見 英夫 (非常勤・八十二銀行常務取締役)
理  事
中條 功 (非常勤・長野銀行取締役頭取)
理  事
原 徹爾 (非常勤・長野県信用金庫協会会長)
理  事
黒岩 清 (非常勤・長野県信用組合協会会長)
理  事
松下 剛士 (非常勤・商工組合中央金庫長野支店長)

常勤監事
髙山 弥 (前長野県信用保証協会 管理統括部長)
監  事
中村 英雄 (非常勤・長野県商工会連合会専務理事)
監  事
倉田 博光 (非常勤・公認会計士)
役員等の給与に関する規程
職員数 130名 (平成29年4月1日現在)
保証債務残高 件数79,249件 金額5,200億円 (平成29年3月31日現在)
利用企業者数 31,458企業 (平成29年3月31日現在)

当協会のあゆみ

昭和24年3月28日
社団法人長野県信用保証協会設立許可
昭和24年4月27日
社団法人長野県信用保証協会設立登記
昭和24年4月30日
事業開始
昭和25年9月14日
財団法人長野県信用保証協会設立許可
昭和25年10月7日
財団法人長野県信用保証協会設立登記
昭和29年7月21日
信用保証協会法に基づく組織変更認可
昭和29年8月3日
特殊法人に組織変更登記
昭和33年7月1日
中小企業信用保険公庫(現日本政策金融公庫)設立
信用補完制度体系の確立

役員等の給与に関する規程

昭和54年6月5日 協会規程第4号(趣旨)
  • 第1条
    この規程は、長野県信用保証協会(以下「協会」という。)の役員等の給与及び退職慰労金に関し、必要な事項を定めるものとする。
    (常勤の役員の給与)
  • 第2条
    常勤の役員に支給する給与は、報酬、通勤手当及び期末手当とする。
    2 長野県からの出向役員に支給する給与は、前項の規程にかかわらず長野県職員の例による。
    (常勤の役員の給与の額)
  • 第3条
    常勤の役員の報酬月額は、別に理事会で定める。
    2 常勤の役員の通勤手当の支給額は、給与規程(平成6年協会規程第5号)の各相当規定を準用して支給される額とする。
    3 常勤の役員の期末手当の支給額は、支給日における報酬月額(報酬月額にその額の100分の45相当額を加算した額)に、6月支給分については100分の154、12月支給分については100分の170を乗じた額とする
    4 【削除】
    (常勤の役員の給与の特例)
  • 第4条 【削除】
    (常勤の役員の給与の支給)
  • 第5条
    常勤の役員の給与の支給条件、支給方法及び支給日については、協会職員の例による。
    (非常勤の給与等の支給)
  • 第6条
    非常勤の役員、審査委員会の委員会等(以下「非常勤の役員等」という。)に支給する給与は、報酬とする。
    2 非常勤の役員等の報酬の額は、別表に掲げる額とする。
    3 前2項に規定するほか、非常勤の役員等の給与の支給に関し必要な事項は、会長が定める。
    (退職慰労金)
  • 第7条
    常勤の役員が退職した場合は、退職慰労金を支給するものとする。
    2 非常勤の役員で、協会の事業に特に功労があった者が退職した場合は、理事会の議決を経て、退職慰労金を支給することができる。
    3 長野県からの出向役員が退職した場合は、前2項の規定にかかわらず退職慰労金は支給しないものとする。
    (退職慰労金の額)
  • 第8条
    常勤の役員が退職した場合に支給する退職慰労金の額は、その者の在職月数を乗じた額の100分の25相当額とする。
    2 前項の在職月数は、その者が常勤の役員になった日の属する月から退職の日の属する月までの月数とする。
    (退職慰労金の支給)
  • 第9条
    前2条に規定するほか、退職慰労金の支給に関し必要な事項は、会長が定める。
ページトップへ