• 文字サイズ
  • 色合い

信用保証協会について役割と基本理念

信用保証協会の役割

信用保証協会の役割は、中小企業の金融の円滑化を図ることにあります。事業の経営に真剣に努力し、将来に向かって発展の可能性のある中小企業者に対して、金融上の強力な「公的保証人」となって、融資の途を開く専門機関が信用保証協会です。信用保証協会は、中小企業と金融機関とを結びつける「かけ橋」の役目を果たすことを目的として設立された機関であり、多くの中小企業の中に埋もれている信用力を発掘し、資金の裏付けをして、その企業を発展に導き、地域経済の発展に役立つという大きな役割があります。
長野県信用保証協会は、このような機能・役割を果たすべく、「基本理念」を定め、中小企業を力強くサポートします。

基本理念

コンセプト

私たち長野県信用保証協会は信用保証により
明日を拓く中小企業を力強くサポートし
長野県の洋々たる発展の一翼を担う

基本姿勢 質の高い信用保証サービスの提供

お客さまのニーズに積極的に対応し 新しい可能性を生み出す 質の高い信用保証サービスを提供する

健全かつ適切な業務の遂行

公共的使命と社会的責任の重みを認識し 環境の変化に対応できる 経営基盤の確立を図り 健全かつ適切な業務を行う

活力にあふれた組織づくり

創造性豊かな人材を育成し 自由闊達な議論で 活力にあふれた組織をつくる

行動の指針

わたしたちは
ありがとうの心で親身になって接します
広い視野に立ち、公正・迅速にとりくみます
感性をみがき、進んで改革につとめます

ページトップへ