• 文字サイズ
  • 色合い

株式会社イノベートデザイン 佐々木 宗一 代表

abn(長野朝日放送)制作番組 「信州 夢追人 新時代の経営者たち」出演者

佐々木 宗一さん
第44回 2017年12月05日

株式会社イノベートデザイン
佐々木 宗一代表

バックナンバー

駒ヶ根高原の民族資料館を古民家風に改装し、結婚式場「古民家ウェディング 音の葉」を経営しています。雰囲気のある会場は、大自然の中に佇む隠れ家的な立地で、四季を通して魅力的なロケーションです。佐々木代表にお聞かせいただいた事業への想いや夢をご紹介します。

自分のお家のように過ごせる場所に

自分のお家のように過ごせる場所に
自分のお家のように過ごせる場所に

私自身、以前からカメラマンとして結婚式に携わってきました。結婚式に携わる仕事が本当に大好きで、色々と昔の結婚式についても調べる中で、古くは「自分の家」で式を挙げていることを発見しました。そこで、この「音の葉」を「家」から「家」へ嫁いでいくという日本の古き良き伝統を再現できる場所にしたいと思い、古民家という「家」で結婚式を挙げるお手伝いをはじめました。
結婚は、両家が一つの家族になるということです。だからこの「音の葉」でそれを感じていただければ良いですね。私どもが新郎新婦様へ必ずお伝えしていることがあるのですが、「ここでは自分の家のように過ごして下さい」と。結婚式当日ももちろんですが、自分の家にゲストをお招きするような形で、すごくアットホームな結婚式ができればと思っています。また、自分の家のようにとお伝えするのは、結婚式の後にも訪れてほしいという思いも込められています。結婚式を挙げた場所に結婚式の後に行くというのはなかなかないと思いますが、ここはお二人にとっての「お家」になるのでいつでも帰って来ていただきたいですね。

自然の生み出す空間で~両家だけの時間を過ごす~

自然の生み出す空間で~両家だけの時間を過ごす~
自然の生み出す空間で~両家だけの時間を過ごす~

最初にこの場所を訪れた時に、本当に静かな空間で風がゆらす葉の音が聞こえてきました。この自然の音だけの空間がすごく贅沢に感じました。自然に囲まれた環境で、自然の音だけ聞こえる空間は、両家だけのおちついた時間を過ごすことができると思います。例えば、和室でゆっくり庭園を眺めていただきながら大切な時間を過ごしたり、自分の家のように過ごしてもらえる。それが可能になるロケーションであり空間がここにはあると思います。

駒ヶ根高原を結婚式の聖地に

駒ヶ根高原を結婚式の聖地に

幸せを生み出す仕事に携わっていますので、この駒ヶ根地域でもっと結婚式を挙げてもらいたいと思っています。南信地域にお住まいの方は、松本や軽井沢の方で式を挙げる方が多いです。理由としてはこの地域に結婚式場の選択肢が少なかったのではないかと考えました。だからこの「音の葉」を一つの選択肢として考えていただきながら、この地域にお住まいの方が他ではなくこの地域で挙げてもらいたいと思います。結婚されるお二人にとって結婚される場所は、特別な場所にもなると思いますし、ぜひこの地域で挙げていただければ良いですね。
また、駒ヶ根市は駒ヶ根高原幸せの森プロジェクトを掲げ、ブライダルに力を入れていますので、駒ヶ根高原を結婚式の聖地にしたいですね。県内でも結婚式と言えば駒ヶ根高原が思い浮かぶようにしたいと思います。この地域でしか生み出せないブランド価値があると思います。

会社名 株式会社イノベートデザイン
所在地 〒399-4117
長野県駒ケ根市赤穂759-16
TEL:0265-95-1808
FAX:026-403-4889
web:www.kominka-otonoha.com
代表 佐々木 宗一
店名 古民家ウェディング 音の葉
店舗外観 店舗外観
ページトップへ