• 文字サイズ
  • 色合い

ぽっぽ動物病院 院長 松川 恵 氏

abn(長野朝日放送)制作番組 「信州 夢追人 新時代の経営者たち」出演者

松川 恵さん
第62回 2019年06月07日

ぽっぽ動物病院
松川 恵院長

バックナンバー

 飯山市で唯一の動物病院である「ぽっぽ動物病院」の松川恵院長は、神奈川での勤務医の経験を経て2017年5月に開院。獣医歴24年、笑顔がとても印象的な松川院長にお聞かせいただいた事業への想いや夢をご紹介します。

ご縁のある「北信州」で

ご縁のある「北信州」で

 私は神奈川県の出身ですが、母の実家が野沢温泉なので、小さい頃から遊びにきていたこの「北信州」は、私にとって大変ご縁のある土地です。数年前、母の病気を機に、「北信州」へⅠターンすることを決意しました。その際、飯山には動物病院が無いと聞いていたこともあり、この地域の方が家族として一緒にいる動物たちのために何か自分がお手伝いできれば、という思いで開院の地を「北信州・飯山」と決めました。
 最初は地域の皆さんに受け入れてもらえるか不安でしたが、今では、来てもらってよかったと言っていただけるようになりました。
 診察するのは犬・猫やハムスターなどの小動物が主ですが、ときには専門外の動物を診察することもあります。地元の小学校で飼っているヤギの具合が悪そうなので診て欲しいとの依頼があり、診察したこともありました。神奈川と飯山、地域が変わっても獣医として動物たちのために、という思いは変わりません。

何より大切にしていること

何より大切にしていること
何より大切にしていること

 獣医という仕事は「聞き取る」ことが大事です。人の医療も同じだと思うのですが、病気の説明、治療の方針を一方的にお伝えするだけではなく、そのご家族がどうしたいのか、どんなことに困っているのかを聞き取り、寄り添い、一緒に考える。飼い主さんとの気持ちが離れてしまうといい治療ができないので、お薬の飲み方ひとつでも飼い主さんから丁寧にお話を聞き、飼い主さんのお気持ちをくみ取り、こういう治療はどうでしょうかなどと提案をします。飼い主さんとのコミュニケーションなくしては何もできないと思っているので、治療を必要としている動物たちのために、飼い主さんとのコミュニケーションを何より大切にしています。

夢、そして思い描く場所

夢、そして思い描く場所

 飯山の地に開院してようやく2年。もちろん、病院なので病気のときに来る場所にはなると思うのですが、元気なときでも「何か気になるところがあるかな」と気軽に立ち寄ってもらえる場所になってほしいですし、動物たちの飼い主さん同士のコミュニティになってくれれば嬉しいですね。
 病院というだけでない、地域の人が安らげる場所になってほしいと考えています。動物を通じて輪が広がっていく、そんな場所になってくれることを心から願っています。

病院名 ぽっぽ動物病院
所在地 飯山市蓮241-1
HP https://poppo.vet/
事業内容 動物病院
店舗外観 店舗外観
ページトップへ